【艦これSS・軽空母】龍驤とゆかいな仲間たち 3話「天龍から」

この記事の所要時間: 36

1

天龍「よう、不知火」

不知火「何でしょうか?」

天龍「俺を見て怖いか?」

不知火「……いえ、怖くありません」

天龍「はぁ!?」

不知火「本当です、怖くありません」

2

天龍「くそぉ……」

龍田「どうしたの、天龍ちゃん」

天龍「不知火のやつが怖がらなかったのさ……」

龍田(あの子は芯が強いからそうなるけどね)

天龍「ああ、怖がらないのはなんかイラつく!」

龍田「うーん」

天龍「そうだ! 龍の字の艦娘を集めて誰が怖いのか決めようぜ!!」

龍田「ん、どうして?」

天龍「ほら、龍の字って強いだろ? 怖いし。強そうだから集めて見るのも悪くないだろ」

龍田「(よくわからないけど)面白そうね。じゃあ、空母や色んな所からかき集めるわね」

 そして、集まったのは以下の者たちであった。
 雲龍、蒼龍、飛龍、大鯨(龍鳳)、龍驤であった。

雲龍「最初が私か」

3(雲龍の解答)

雲龍「私の名は雲龍。怖い? そう……ごめんなさい」

天龍「カット、それはないだろう」

雲龍「ない?」

天龍「あたりまえだろ! そんなもん怖くもなんともないだろ!」

雲龍「味方を怖がらせてどうするの?」

天龍「へへ、そりゃあカッコイイに決まってんだろ」

雲龍(ついていけない)

*4(二航戦の解答)
蒼龍「私の名は蒼龍! 怖い?」

飛龍「そして飛龍! こっちも怖い? よし、やったー!!」

天龍「カット、まったまった!」

蒼龍「えー、これでもいいでしょ?」

天龍「怖さがたりない」

飛龍「なくたっていいじゃない!」

天龍「そこが重要なんだ!」

二航戦(ばかばかしい)

*5(大鯨の解答)
大鯨「龍鳳ではありませんが使います!
 私の名は龍鳳! 怖い? え、怖いですか!? す、すいません!!」

天龍「またか……」

大鯨「やっぱり味方を怖がらせるなんておかしいです!!」

天龍「それがいいんだよ」

大鯨「わかりません」

龍驤(次はうちか)

*6(龍驤の解答)
龍驤「うちが龍驤や! 怖い? そうか、ならアメちゃんやるから……」

天龍「おい、アメはないだろ!!」

龍驤「いやー味方を怖がらせるのはなあ」

天龍「だから、それが……」

龍田「天龍ちゃん」

天龍「あ、次は龍田だったな。行って来い」

龍田「うふふ」

7(龍田の解答)

龍田「私は龍田。怖い? うふふ、ごめんなさい」

雲龍(うっ)

龍驤(怖いわ!)

蒼龍(龍田が怖い……)

飛龍(必要ないんじゃない?)

大鯨(龍田さん怖い……)

天龍「おいおい、龍田見てドキモを抜いてやがる。俺が一番怖いのを見せてやる」

龍驤(やらんでもええのに……)

*8(模範解答)
天龍「俺の名は天龍。ふっ怖いか?」

龍田「……」

二航戦(どう見ても龍田だって……)

龍驤(龍田が怖いちゅうねん)

大鯨(龍田さん怖い……)

雲龍(何をやっているの?)

天龍「あははははは!! やっぱり俺が怖いらしいな。よし、手っ取り早く重巡のところに行ってくるか!」

龍田「え? て……」

天龍「先行ってくるぜ龍田!!」

9

龍田「おかしい……天龍ちゃんが戻ってこない……」

摩耶「おう、龍田」

龍田「あ、摩耶さん」

摩耶「天龍のやつが妙高に説教されているの見たけどさ」

龍田(妙高さん?)

摩耶「あれは、いつもの「ふっ怖いか」を妙高にやって説教されたって感じだな。姉貴たちなら笑って許すけど妙高だったらな……」

龍驤「なあ、龍田」

龍田「なんですか?」

龍驤「大変やな」

龍田「ええ。龍驤さん、同情してありがとうございます」

スポンサーリンク