【艦これSS・軽空母】龍驤とゆかいな仲間たち 5話「ローソン加賀」

この記事の所要時間: 220

1

加賀「ふーむ」

 今日の鎮守府ローソンの店番に加賀が選ばれた。このローソンは香取の提案で取り入れた物で艦娘が引退した後の事を考えて用意した職業訓練(なか卯も存在する)。
 実践であるため通常の職業訓練とわけが違う。1週間で1日6時間勤務で給料は働いた分だけ出る。
 当たった艦娘は非番となり代わりに他の艦娘が任務へ行く。

加賀(艦娘をやめた後のことを考えて経験を積むというのは悪くないか……)

2

加賀「いらっしゃいませ」

蒼龍「あ、加賀さん。やっぱりいたんだ」

加賀「ええ、一週間もここで働くことになりました。赤城さんの方はなか卯の方で」

蒼龍「いいなー。私も飛龍も働きたい」

加賀「そうですか?」

蒼龍「それで、給料とかは?」

加賀「まあ、いいそうですよ。蒼龍さん」

蒼龍「あ」

雷「蒼龍さん、早くしてください!」

蒼龍「ごめんごめん」

加賀(まったく……)

3

加賀(そういえば、妖精も買いに来ますね。ここの鎮守府は異様に大きく海岸から伸びています。
 買ってくるのはだいたい顔見知りや妖精ばかり。
 物の減りも多く企業の収益として悪くありませんね。なるほど、香取さんはそこも考えて選んだということですか)

4

瑞鶴「さてと……」

加賀「いらっしゃいませ瑞鶴さん」

瑞鶴(うわあ、本当にいたんだ……。まあ、カレーパンを買って帰るとしようか)

加賀「お会計ですか?」

瑞鶴「はい」

加賀「カードは?」

瑞鶴「これね」

加賀「瑞鶴さん」

瑞鶴「え?」

加賀「これ、Tポイントカードです。ポンタカードは?」

瑞鶴「ちょ、ちょっとまって……」

5

鹿島「加賀さん、接客態度はいいですね」

加賀「そうですか」

鹿島「正直、なにかあるのかと思いまして」

加賀「それはそうと鹿島さん」

鹿島「何でしょうか?」

加賀「店長は誰ですか?」

鹿島「この店に搭載された人工知能です」

加賀「人工知能!?」

鹿島「そうです。本来なら私ですが、店以外にも仕事があるので帳簿や商品の管理は人工知能の管理です」

加賀「空爆にあったら……」

鹿島「大丈夫です。この店の硬さはやわじゃありません!」

加賀(なるほど)

6

加賀「さて、今日は……」

赤城「いそいでいかないと……」

加賀「赤城さん」

鹿島「いらっしゃいませ!」

加賀「あ、いらっしゃいませ!」

赤城「どーも!」

加賀(赤城さんがおにぎりを5つ選んでこっちに来た)

赤城「加賀さん大変ですね」

加賀「ええ、ですがいろいろと学ぶこともあります。むしろ悪くないと思わない」

赤城「まあ、いいですね」

鹿島「加賀さん、早く」

加賀「すいません」

スポンサーリンク