【グラブル・SS】エルモートの災難

この記事の所要時間: 429

1

アルタイル「今日は依頼もなく暇ですね」

ナルメア「団長ちゃんのお世話をしたいのに……」

ゼタ「まあ、いいじゃない。たまにはこういうこともあってさ!」

シャルロッテ「何か遊びがありますか?」

ターニャ「ええと……」

エルモート「おお、ちょうどいいところにいた」

ゼタ「あ、エルモート」

エルモート「暇だな。俺とババ抜きしないか?」

ナルメア「え?」

アルタイル「ババ抜きを?」

エルモート「ああ、暇でしかたないからやる相手を探していたのさ。どうだ、参加しないか?」

ゼタ「まあ、暇だし時間つぶしにもいいか!」

シャルロッテ「自分もやりたいであります!」

ナルメア「私も」

アルタイル「参加します」

ターニャ「あ、はい」

エルモート「さあて、やるか!!」

*2
エルモート(さあて、どうするか……)

シャルロッテ「あ、これであります」

エルモート「チッ! 俺がドベか!!」

ゼタ「うーんと、これ」

エルモート「またか!」

アルタイル「それです!」

エルモート「え?」

ナルメア「これ」

エルモート(はぁ?)

ターニャ「すいません」

エルモート「まてまて」

3

エルモート(なんだこれ!? どうして俺だけ負ける? こいつら何かしているのか?)

アルタイル「どうしました? エルモートさん」

エルモート「……テメエら何か仕込んだか?」

ナルメア「え?」

ゼタ「はぁ? あたしたちがイカサマをしてるって言うわけ? バッカじゃないの!!
 あたしたちがそんな技術をあると思ってるわけ?」

シャルロッテ「自分もありません」

ターニャ「わ、私も……」

エルモート(そりゃあそうだ。こいつらにそんな技術はない。と言うか何でわかる?)

ゼタ「そもそも、アンタの耳が動きまくってるからわかりやすいの」

エルモート「え?」

アルタイル「奇遇ですねゼタさん。私もエルモートさんの耳を見ていました」

ナルメア「私も見てたよ」

シャルロッテ「自分も見ていました」

ターニャ「私も……」

エルモート「テメェら汚えぞ!! 俺がわかりやすいからってこんなこと……」

アルタイル「仕方ないですね。エルモートさんの耳を見ずにババ抜きをしますか」

ゼタ「うーん、まあいいか」

ナルメア「それでもいいかな」

エルモート(よし! 流れは俺に回ってきた!!)

4

ゼタ「クソぉ……エルモートの耳が見れないから負けが続くな……」

ターニャ「う、うーん……」

シャルロッテ「ぐぬぬ、自分も厳しいであります」

エルモート(アルタイルが話しを通してくれたおかげで勝ちやすくなった。まあ、そこはいいが……)

アルタイル「あがりました」

ナルメア「私も」

エルモート(どうしてこいつらはすぐあがれる? 明らかに机上しか見ていねえし何を見てやがる。
 しかも、引くカードすべてが捨てられるカードばかり。何を見てやがる?)

アルタイル「エルモートさん、何か?」

エルモート「……テメエら先から何を見てやがる?」

ナルメア「?」

アルタイル「何を?」

エルモート「先から捨てるカードばかり簡単に引くがどういうことだ?」

ナルメア「え? それは……」

アルタイル「もうしわけございません。エルモートさんが持っていたトランプは小さい傷が多くカード1枚1枚に特徴があって記憶しました」

エルモート「え?」

ゼタ「じゃあ、ナルメアも全部記録したわけ?」

ナルメア「そうだけど……簡単だったから……」

エルモート「よし、だったらリチャードが持っている新品のトランプをもらってくるぜ。そこで待ってろ」

アルタイル「いいですよ」

ナルメア「ああ、勝ちにくくなってきた……」

エルモート(それにしてもアルタイルのやつはどうしてこんなに余裕なんだ?)

5

エルモート(よーし。これでアルタイルとナルメアは同じ手が通じない……)

ナルメア「うーん」

アルタイル「……」

エルモート(リチャードが持っていた新品のカードに変えたらこいつらものの見事苦戦してやがる。さあて……)

ナルメア「えーと」

ゼタ「どれにしようかな?」

ターニャ「ふむふむ」

エルモート「……」

ナルメア「これと」

ゼタ「へへ」

ターニャ「うーん」

エルモート(落ち着け!)

ターニャ、ナルメア、ゼタ「……」

エルモート(何だよこいつら……! 胸が大きすぎて目に入っちまう!! 何かいい方法は)

シャルロッテ「これであります!」

エルモート(そうだ……シャルロッテならいいか……! いやないか)

アルタイル「ふーむ」

エルモート(アルタイル! あいつをじっと見れば……)

アルタイル「すいません、上がりです」

エルモート「……え?」

6

エルモート「ちょっと待て……」

アルタイル「なんです?」

エルモート「何であがれた?」

アルタイル「そうですね……目を見ました」

エルモート「はぁ?」

アルタイル「皆さんの目を見ていて何がよく悪いのか見極めました。そして、勝てたことです」

エルモート「じゃあ……俺達の目を見ていたのか……」

アルタイル「人間観察が得意なもので……」

エルモート「……ああ、わかったよ! もう一回するぞ!!」

 こうして普通のトランプができたとさ。

スポンサーリンク