【艦これSS・軽空母】龍驤とゆかいな仲間たち 11話「アクィラと飛鷹型」

この記事の所要時間: 330

1

飛鷹「あなたがアクィラ?」

アクィラ「ええ、そうよ」

隼鷹「噂は聞いたけど……アタシたちと同じ商船改造空母……」

アクィラ「いえ、私は貨客船改装空母よ」

隼鷹「まあ、似たようなもんだしアクィラっていうのもアタシたちと同じ「鷹」から来ているから親しみを感じるね~」

アクィラ「そう? ちなみに誰から聞いたの?」

隼鷹「ローマから聞いたよ。意外と話しがわかるしなんでも教えてくれた」

アクイラ(ローマからなんだ)

2

飛鷹「客船時代の名前は何?」

アクィラ「ローマよ」

隼鷹「ローマ? 戦艦ローマと同じ名前だね」

アクィラ「そう言われるけど今は使っていないから反応しないわ。本当は反応するけど……」

隼鷹「まあ、そういうこともあるさ」

アクィラ「ちなみに二人の名前は?」

飛鷹「私は出雲丸」

隼鷹「あたしは橿原丸さ!」

アクィラ「(ダブらないからちょっとうらやましい)なるほど。実は私に自慢したいことがあるのよ」

飛鷹型「自慢?」

3

アクィラ「私には自慢したい事があるのよ! それは赤城とグラーフの妹のような存在!」

飛鷹型「妹?」

アクイラ「そうよ! 私はグラーフの妹のパーツを使い作られたのよ!!」

飛鷹(あれ、おかしい……)

隼鷹「なあ、アクィラ」

アクィラ「何?」

隼鷹「おかしくないか?」

アクィラ「どこが?」

隼鷹「だってさ……あたしたち前の名前があるだろ」

アクィラ「ええ、そうよ……はっ!?」

隼鷹「同僚はわかるにしても姉妹関係は無いだろ?」

アクィラ「そ、そうよね……。でも、日本の赤城の活躍は聞いているし赤城の妹分のような関係に位置しているんじゃないかな……」

飛鷹型「……」

アクィラ「それに……私は正規空母だし……妹分として……」

4

飛鷹「それ、本気?」

アクィラ「え?」

隼鷹「いや、どう見たってあたしたちと同じ軽空母じゃない?」

アクィラ「いや、正規空母……」

飛鷹「見えない」

アクィラ「え?」

隼鷹「いやさ、どう見てもあたしと同じ艦載機数だし……。あんた、本当は軽空母じゃない?」

アクィラ「違う! 私は本気を出したら正規空母なみの力を出せるから正規空母なのよ!」

隼鷹「そ、そうでもさ……」

アクィラ「そっちの国だと龍驤や鳳翔が正規空母って言われてた時期あったでしょ! 別にいいじゃない!!」

飛鷹型(すごくゆずらない……)

5

隼鷹「あ、加賀さん」

加賀「飛鷹型ね。何かしら?」

飛鷹「アクィラが赤城の妹分って……」

加賀「赤城さんの妹分……!」

飛鷹「そう言ってるんだけど……」

加賀(赤城さんのようなおっとりした性格……。でも、どことなく感じる大鯨さんのようなドジっ子……)

アクィラ「あ、あの……」

加賀(グラーフさんみたいに偉そうな態度はない。鳳翔さんが他の人を呼び捨て言っているようなものかしら)

アクィラ「あまり見ないで……」

加賀(瑞鶴さんより悪くなく……。二航戦のような頼りがいは……未知か)

アクィラ「もしもーし」

加賀「はっ!? すいませんでした。赤城さんの妹としては悪くありません」

アクィラ「え、そう。やったー!!」

隼鷹「よかったアクィラ。加賀さんに認められてさ」

飛鷹「加賀さんは赤城さんとともに一航戦を担っているから認められるなんて相当よ」

アクィラ「うんうん、わかるわかる」

6

アクィラ「赤城!」

赤城「あ、アクィラさん」

アクィラ「今日から私はあなたの妹分よ」

赤城(妹分?)

アクィラ「何か言いたいことがあるなら言ってみて?」

赤城「では、ローソンに言っておにぎりを10個買って来てください」

アクィラ「それ、パシリじゃない!! 一人で買いに行きなさい!!」

赤城「ダメですかー!」