【艦これSS・駆逐】白露型の日常 4話「予想できないぽい!」

この記事の所要時間: 134

Contents

1

夕立「うーん、予想できないぽい!」

村雨「どうしたの夕立? 何を考えているの?」

夕立「あ、村雨ちゃん。五月雨ちゃんと涼風ちゃんの改二が想像できないぽい!」

村雨「そう言えば……あの二人はイラストレーターが違うからどうなのかしら……」

夕立「犬耳がはえるのか気になるから想像してみて!」

2

村雨「五月雨が犬耳……」

五月雨「姉さんたち、私は改二に改装しました。姉さんたちと同じ……犬耳が作られてホッとしました。

村雨「涼風が犬耳……」

涼風「ちわー涼風改二だよー! 姉さんたちみたいに犬耳みたいなのがはえてさー」

涼風「まさに白露型の証拠ってな感じかな!」

村雨「本当だ! まったく想像できない……」

夕立「直接聞くのはどう?」

村雨「聞こうかしら?」

3

村雨「ねえ、五月雨、涼風」

五月雨「あ、姉さん」

涼風「どうしたの村雨姉?」

村雨「あなたたちは自分たちの改二を想像できるの?」

五月雨「うーん、できませんね」

涼風「私もー。そんなこと考えたことがない」

村雨「……そっか。じゃあ犬耳が生えるとか?」

五月雨「え、そんなこと……」

涼風「うーん」

4

夕立「どうだった?」

村雨「本人たちはあまり想像していなかったみたいね」

夕立「そっか……夕立も犬耳がはえるなんて思っていなかったぽい……」

村雨「まあ、そういうことかな。誰だって思わぬことが起きることだし!」

夕立「そうだね! それと村雨ちゃん」

村雨「なに?」

夕立「村雨ちゃんは犬耳はえるぽい?」

村雨「うっ! そんなことは……」

夕立「あ、想像していないぽい!」

村雨「してないわよ!!」