【艦これSS・軽巡】球磨型日和 4話「語尾をつけるクマ」

この記事の所要時間: 35

1

球磨「みんな、来たクマ?」

多摩「来たニャ」

北上「なに、姉ちゃんたち?」

大井「私は北上さんといそがしいし……」

木曾(何かあるな)

球磨「今日はためしに語尾をつけてすごしてほしいクマ」

北上、大井、木曾「!?」

大井「べ、別によくない……? ほら、私たちこう見えてなんともないし……」

木曾「そうそう……大井姉さんもいっていることだ……」

球磨「ダメクマ! 球磨たちはちゃんと妹たちの語尾が聞きたいからつけるクマ!!」

大井、木曾(えー)

2(木曾の場合)

球磨「まずは、木曾クマ」

木曾「な、俺が最初か!!」

球磨「さあ、言ってみるクマ」

木曾(うぅ……はずかしい……)

球磨「どうしたクマ?」

木曾「き……」

球磨「?」

木曾「木曾だキソー!!」

球磨「よくやったクマ! さすが妹クマ」

木曾(うぅ……)

3(北上の場合)

球磨「次は北上クマ」

北上「なーんだ語尾ね。北上だキタ」

多摩「あれ、普通だニャ」

北上「まあ、ね。だって球磨姉と長く付き合ってたし自然と語尾の付け方もわかるよ」

球磨「それはそうと、私生活でつけないのはどうしてクマ?」

北上「いや、面倒だし」

球磨「むぅっ!?」

北上(やば、怒らせちゃった……)

4(大井の場合)

球磨「最後は大井クマ」

大井(うわ……絶対に言えない……)

球磨「どうしたクマ?」

大井(どうしたもなにもないわよ……)

北上「大井っち赤面してない?」

多摩「赤面しているニャ」

木曾(あの姉さんが……)

大井「な、なによ! みんな、よってたかって私を見ちゃって!!
言えばいいんでしょ!!」

球磨「じゃあ、言ってみるクマ」

大井「お」

球磨「お」

大井「お、お」

多摩「お」

大井「大井だおおおおおおおおお!!」
バタン。

北上「あ、大井っちがはずかしさのあまり気絶しちゃった!?」

木曾「これはまずいぞ!!」

球磨「布団で寝かせるクマ!!」

多摩「ニャ!!」

5

大井「んー」

北上「気が付いた大井っち?」

大井「北上さん!」

北上「いやーさすがにあそこまで赤面するなんて思わなかった……」

大井「私は恥ずかしがり屋だからあそこまでいくと気絶しちゃいますよ……」

北上「まあ、何もともあれ大井っちが元気でよかったよ」

大井(ああ、よかった……こうしてまた北上さんと……)

北上「じゃあ、球磨姉の所いってくるね」

大井「ええ……」

6

北上「どう姉ちゃんたち?」

多摩「大丈夫ニャ。音声は録音したからいつでも聞けるニャ」

球磨「大井が恥ずかしさのあまり気絶するのは驚いクマ」

北上「だよねー。大井っちがあそこまで赤面するなんて思いもしなかったし」

多摩「いろいろ知れてよかったニャ」

北上「で、録音した音声はどうする?」

球磨「保存しておくクマ。何か大井がつけあがった時に残しておくクマ。
はずかしい音声としてクマ」

北上「そうだね、近頃の大井っちは空母や戦艦につけあがっているからちょうどいい気付け薬になりそうだよ」

多摩「そうニャ。少しはわきまえる部分はわきまえるニャ!」

7

まるゆ「木曾さん」

木曾「どうした?」

まるゆ「木曾さんはどうして語尾をつけないのですか?」

木曾「う……知らねえよ!!」

スポンサーリンク