【艦これSS・軽巡】球磨型日和 11話「秋刀魚の季節だニャ!」

この記事の所要時間: 237

1

多摩「秋刀魚の季節ニャ!」

木曾「ああ、それで……」

多摩「秋刀魚が大好きニャ。木曾も好きかニャ?」

木曾「いや」

多摩「……球磨姉ちゃんは?」

球磨「ぜんぜん」

多摩(じー)

北上「いや、あたしも……」

大井「ご、ごめんなさい」

多摩「そうかニャ。一人で行くニャ」

多摩(みんな、秋刀魚は骨が多いから嫌いっていうのはわかっているニャ。少しは手伝ってほしいニャ!)

北上「行っちゃったよ?」

球磨「しかたないクマ。多摩の秋刀魚好きは誰も否定できないクマ。謝っても一緒に行けないクマ」

北上「そっか」

2

多摩「さてと、誰が……」

あきつ丸「多摩殿でありますか」

多摩「ん? 確か陸軍の……」

あきつ丸「自分、陸軍のあきつ丸であります。多摩殿も秋刀魚漁支援任務へ?」

多摩「そうだニャ! 気合を入れてがんばるニャ!!」

あきつ丸「すごい気合ですね」

多摩「好きだらかニャ。秋刀魚の骨と身もかなりいいからニャ」

あきつ丸「なるほど。それはそうと、捕まえる……」

多摩「使わないニャ」

あきつ丸「え?」

多摩「多摩は秋刀魚漁を助けるため兵装しか持ってきていないニャ」

あきつ丸「そうですか」

3

曙「あ、多摩さんだ」

潮「多摩さん、こんにちわ」

村雨「どーも多摩さん」

多摩「大勢来たニャ。それより曙」

曙「はい」

多摩「立っている時に釣竿持って大丈夫ニャ?」

曙「え、いや、その……大丈夫です!」

多摩(考えてなさそうだニャ)

あきつ丸「そろそろ出撃が来るようです。がんばっていきましょう」

全員「おおおおおお!!」

4

多摩「こっちは多摩が支援するニャ」

潮「たすかります!」

多摩(さてと……)

あきつ丸「秋刀魚を大量にとるのであります」

多摩「ニャ!? 何だニャ?」

あきつ丸「これは陸軍に頼んで作ってもらった対秋刀魚漁装備であります。これを使うと大量にとるのが楽であります」

多摩「確かに……」

5

あきつ丸「そちらを支援するであります」

曙「ありがとう、あきつ丸さん」

多摩(誰も見ていないニャ)

あきつ丸「次はこっち……」

多摩(こっそり盗み食いするニャ)

あきつ丸「多摩殿」

多摩「!? な、何ニャ?」

あきつ丸「そう驚かれても困るであります」

多摩「それで?」

あきつ丸「弾数が切れたそうで予備がありますか?」

多摩「あ、あるニャ」

多摩(バレなくてよかったニャ……)

6

 帰投後。

多摩「やったああああああ秋刀魚だニャ!!」

夕雲「さあさあ、秋刀魚を渡してください」

多摩「渡すニャ!」

 それから。

多摩「うーん、うまいニャ!!」

あきつ丸「豪快に食べますね」

多摩「多摩にとって秋は秋刀魚の秋ニャ。秋刀魚だけは見逃さないニャ」

あきつ丸「なるほど」

多摩「ところで、あきつ丸さんの秋って何ニャ?」

あきつ丸「自分は読書であります。多くの本を読んで役に立てるようと努力しているのであります」

多摩(すごい真面目だニャ)

スポンサーリンク